近年、身体や発育に障害のある子供達の通うクラスの名前が、呼称変更になっています。

今現在で《特別支援学級》または《通級》と呼ばれてるかと思います。

風俗の中でもデリヘルが一番好きと豪語する和歌山 風俗のオーナーA氏。

十年以上前には《特殊学級》から《心身障害児学級》とか《心身障害児クラス》なんていわれてました。

確かに、早く動けないとか勉強についていきにくい、みんなと同じことが苦手という事でみたいな感じです。

身体に発育障害や、不自由な所がある子供達は、体育の授業は見学していてくれる方がと思う先生が多いらしいとか。

健康な子供達よりは、身体に障害のある分動きにくいですから、先生も気疲れするらしいです。

でも、子供達は障害があっても動きたいし、スポーツをしたいんです。

最近は、先生の中にも障害があっても出来るスポーツを考えて、なんとか楽しめる物をと頑張ってるいる先生もいるとききます。

障害があっても出来るスポーツを、障害にあわせてと考えて普及しているのもあります。

さらに障害があっても出来る、障害の同じクラスの選手が力や成績を競うのがパラリンピック。

身体の一部分が悪かったり、義手や義足でもスポーツや普段の生活は出来ます。

身体を動かして、スポーツを楽しめる喜びを、障害があっても楽しむ喜びを、障害のある子供達にもと思います。

体育を教える先生は、健康な子供達を教えるよりも、障害のある子供達を教える方が大変とは思います。

ですが、身体に障害のある子供達にも、スポーツを楽しみを学ばせてあげるために、無理の無い範囲で努力をしてあげてほしいですね。